歯科でうけるホワイトニング

歯科で受けるホワイトニングには、主に光照射とブリーチングのふたつの方法があります。光照射では、歯ぐきや唇を保護した後にホワイトニングのための薬剤を歯の表面に塗布します。それから薬剤だけに反応して活性化させる特殊な光を照射して歯の色素を抜いていきます。この方法では、1回の施術で歯を白くすることが可能なので急いで歯を白くしたい方に選ばれています。ブリーチングでは、歯の裏側からブリーチング剤を注入して歯の内部の色素を抜いて脱色し歯を白くします。歯の状態によってどちらのやり方が適しているかは異なりますので、歯科医院のカウンセリングを受けて決定するのが安心です。

オフィスホワイトニングの方法

歯科で受けるオフィスホワイトニングでは、歯の中の色素を抜いて歯を白くする方法が用いられています。まず、歯科では歯の表に薬剤を塗布してから感作性のある光をあてることで色素を活性化させて脱色します。短時間で白い歯を手に入れることができますが、自宅で美白用の歯磨き粉を使ったお手入れをすることでより効果が現れます。また、ウォーキングブリーチというホワイトニングの方法もあります。ウォーキングブリーチでは、歯の裏面に開けた穴から薬剤を流し込んで1、2週間かけて色素に薬剤を浸透させ、歯の中から色素を抜いて白くします。

↑PAGE TOP

© Copyright ホワイトニングの費用に関して. All rights reserved.