インプラントで顎の骨まで健康に

インプラントにすると、物をよく噛むことができるようになります。その理由は、顎の骨に人工歯根が埋め込んであるため、物を噛むときの力をしっかりと受け止めることができるからです。そして、このような刺激を受けると、顎の骨も丈夫になります。一般的な入れ歯の場合、物を噛む力は隣の歯や歯茎で受け止めるため、しっかりと物を噛むことができない上に、顎の骨が弱く細くなってしまいます。そのため、より一層物を噛むことが難しくなるという悪循環になります。インプラントならば、いくつになっても物を噛むことができます。

インプラントは自歯のように自然

インプラントがメリットなところは、使用していても他人に気付かれにくいという点です。自分自身への違和感が少なく、自分の歯と同じような感覚で好きなものを噛むことが出来るようになるようになります。健康面にもまた、健康な歯を削ったり抜いたりする必要が無いため、自歯の寿命を短くする恐れがありません。咀嚼能率は天然歯の約80%となり、他の治療方法よりも最も高くなります。インプラントの手術時間が短時間で終えることが出来て、入院や全身麻酔が必要になるケースはほとんどないため、忙しい方にもおすすめです。

↑PAGE TOP

© Copyright ホワイトニングの費用に関して. All rights reserved.